タカラバイオ株式会社は、第16回日本再生医療学会総会(本年3月7日~9日開催、仙台国際センター)にて、幹細胞分野の研究成果やゲノム編集技術を用いた研究成果などについて発表いたします。
 
発表する演題の一覧は下記のとおりです。

【第16回日本再生医療学会総会】

演題名

発表日時・セッション名・場所

iPS細胞からの高純度心筋細胞および血管内皮細胞の安定した製造法の確立

3月7日 15:00~16:00
一般演題(口演)
仙台国際センター 展示棟第9会場

ゲノム編集による点変異導入細胞作製のための一本鎖オリゴDNAのデザインの最適化

3月8日 8:30~9:40
一般演題(口演)
仙台国際センター 展示棟第9会場

ヒトiPS細胞由来血管内皮細胞の安定的な製造およびその特性解析

3月8日 9:30~10:20
一般演題(口演)
仙台国際センター 3階第6会場

NGS解析を用いた効率的なゲノム編集iPS細胞のスクリーニング

3月9日 14:40~15:25
ポスターセッション
仙台国際センター 展示棟ポスター会場

RetroNectinsup{®}拡大培養を用いた臨床用MSCの製造法開発

3月9日 14:40~15:25
ポスターセッション
仙台国際センター 展示棟ポスター会場

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970