タカラバイオ株式会社と日本全薬工業株式会社(以下、「ゼノアック」)とは、ゼノアックの細胞凍結保存用試薬であるセルバンカーシリーズの販売を、当社が日本国内において独占的に行うことに合意し、本日付で販売契約を締結しました。当社は、当該製品を2013年8月1日より販売開始いたします。また当社は、欧州および北米においても、セルバンカーシリーズ製品を非独占的に販売いたします。

 

細胞を用いた研究分野において、細胞を凍結保存する技術は、長期に渡る継代に伴う細胞の状態変化の防止や、細胞の輸送等を行う上で必須の技術です。また、世界中の細胞バンクでさまざまな細胞株が凍結保存されるだけでなく、畜産業や生殖医療における生殖細胞、受精卵の凍結保存に利用される等、細胞を凍結保存する技術の用途は多岐にわたっています。

 

最近では、日本政府が進めている「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」プロジェクトにおいて、作製された疾患特異的iPS細胞が細胞バンクで凍結保存される計画になっています。今後ますますiPS細胞やES細胞といった幹細胞を凍結保存する技術に関するニーズは増えていくことが予想されます。

 

今回販売するゼノアックのセルバンカーシリーズは、1992年に発売されて以降、①凍結融解後の細胞生存率が高いこと、②プログラムフリーザー等の特別な装置がなくても通常の超低温フリーザーだけで急速凍結および長期保存が可能なこと、③試薬を調製する必要がなく雑菌が混入するリスクを低減できること、などを強みに広く市場に浸透しており、細胞凍結保存液の国内市場においてトップシェアを獲得しております。

 

今回の提携により、PCRをはじめとした遺伝子工学研究製品に強みを持つ当社の製品群に、細胞工学分野に強みを持つゼノアックのセルバンカーシリーズが加わることで、さらに当社の製品ラインナップが強化されます。当社は、これまでに築いてきた販売網を活かし、国内外においてセルバンカーシリーズをさらに拡販していきます。

 

なお、本契約締結による、当社連結および単体の平成26年3月期業績への直接的な影響は軽微ですが、当社は今後も遺伝子工学研究事業の製品・サービスの充実を図り、売上拡大を目指します。

 

【製品概要】

 

製品名 製品コード 容量 希望小売価格(税込)
CELLBANKER® 1 CB011 100ml 15,540円
CB013 20ml×4 14,700円
CELLBANKER® 1plus CB021 100ml 13,440円
CB023 20ml×4 12,600円
CELLBANKER® 2 CB031 100ml 13,440円
STEM-CELLBANKER® CB043 20ml×4 29,400円
CELLOTION™ Cell Wash and Recovery Solution CB051 100ml 7,350円

製品・サービスの詳細やご購入については、当社営業部営業企画担当(TEL:077-543-7231)にお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【日本全薬工業株式会社の概要】

 

会社名 日本全薬工業株式会社
設立 1946年
代表者 代表取締役会長:福井邦顕
代表取締役社長:高野恵一
住所 〒963-0196 福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1番地の1
事業概要 医薬品(主に獣医用)ならびに動物用医薬品の開発・製造・輸入・販売
ホームページ http://www.zenoaq.jp/

 

 

【語句説明】

 

細胞凍結保存

細胞を培養液中でそのまま凍結すると、細胞の内部やその周辺部の水分が結晶化し、細胞構造が物理的に破壊されてしまうため、解凍後の細胞は生存することができません。細胞を凍結保存する際には、細胞内および細胞周辺部での水分の結晶化を抑え、細胞の物理的な損傷を防ぐことが必要となります。

 

継代

細胞培養において、新しい培地に細胞を一部移し、次代として培養すること。