タカラバイオ株式会社は、腫瘍溶解性ウイルスを用いたがん治療薬HF10、固形癌を対象にしたTCR遺伝子治療、およびがん免疫細胞療法などの臨床開発を進めています。この度、これら遺伝子治療および細胞医療プロジェクトにおいて実施中の臨床研究/前臨床試験の成果を、第72回日本癌学会学術総会(本年10月3日~5日パシフィコ横浜にて開催)にて発表する予定です。


発表する演題の一覧は下記のとおりです。

 

演題名 参考日本語演題名 発表日時・演題番号
Adoptive cell therapy with antigen receptor engineered T cells 抗原受容体を遺伝子改変したT細胞の輸注療法 10月5日9:00~11:30
シンポジウム
がん免疫療法:臨床研究から学ぶヒト腫瘍免疫学
Novel chimeric antigen receptors with signaling domain of GITR for adoptive immunotherapy GITRシグナリングドメインを搭載した腫瘍特異的キメラレセプターの開発 10月3日10:00-11:00
第8会場
口頭発表番号 J-1010
Combination therapy with ex vivo expanded human NK cells and therapeutic antibodies in hIL-2-NOG mice hIL-2-NOGマウスを用いた高純度NK細胞と抗体医薬品併用治療の検討 10月3日10:00-11:00
第8会場
口頭発表番号 J-1013
Acquisition of multifunctionality impacts CD8+ T cell survival and memory formation CD8陽性T細胞のマルチファンクション性獲得はその生存性とメモリー形成能力を規定する 10月3日16:00-17:00
第8会場
口頭発表番号 E-1070
Enhancement of the Tumoricidal Effects by Oncolytic virus HF10 in Combination with GITR-specific DTA-1 mAb 腫瘍溶解性ウイルスHF10療法とGITR特異的DTA-1モノクローナル抗体の併用による抗腫瘍効果の増強 10月4日15:00-16:00
第12会場
口頭発表番号 J-2108
In vivo persistence of adoptively infused TCR gene-transduced lymphocytes in patients with MAGE-A4+ esophageal cancer MAGE-A4発現食道癌における抗原特異的TCR遺伝子導入リンパ球輸注後のin vivo血中持続 10月5日9:00-10:00
第12会場
口頭発表番号 E-3038
Development of switch promoters that would respond to activation signals from the chimeric antigen receptors CD19特異的キメラ抗原受容体からの活性化シグナルにより駆動するスイッチプロモーターの開発 10月5日11:00-12:00日
第12会場
口頭発表番号 J-3059
Systemic anti-tumor effect of oncolytic herpes simplex virus type 1 mutant HF10 in combination with anti-CTLA-4 antibody 腫瘍溶解性ウイルスHF10と抗CTLA-4抗体併用療法による全身抗腫瘍効果 10月3日17:00-17:45
ポスター会場
ポスター番号 P-1029
Combination therapy of Oncolytic Herpes Virus HF10 and Bevacizumab Against Human Breast Carcinoma Xenograft ヒト乳癌移植片に対する腫瘍溶解性ウイルスHF10とベバシズマブとの併用効果の検討 10月4日16:00-16:45
ポスター会場
ポスター番号 P-2378
Highly efficient and safe TCR gene therapy with novel siTCR vector encoding high affinity TCR variants TCR発現siTCRベクターを用いた高効率かつ安全性の高いTCR遺伝子治療 10月4日16:45-17:30
ポスター会場
ポスター番号 P-2178
Harnessing chimeric antigen receptor engineered-T cells for cancer immunotherapy with regulatory mechanism 機能制御性キメラ抗原レセプター(CAR)導入T細胞輸注療法の開発 10月4日16:45-17:30
ポスター会場
ポスター番号 P-2179
Development of a novel method to expand CIK cells containing high proportion of CD3+CD56+ cells CD3+CD56+細胞を高比率で含む培養方法の開発 10月5日16:45-17:30
ポスター会場
ポスター番号 P-3248

 

また、当社は、10月4日12時より第9会場(パシフィコ横浜 会議センター4階413)にて、ランチョンセミナーを開催し、当社が提供するマイクロRNA解析用の遺伝子工学研究用試薬について紹介する予定です。 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970