タカラバイオ株式会社は、メラノーマを対象にした腫瘍溶解性ウイルスHF10、固形がんを対象にしたsiTCR遺伝子治療、造血器腫瘍を対象としたCAR遺伝子治療などの臨床開発を進めています。
 このたび、これらの遺伝子治療プロジェクトの臨床試験/臨床研究の成果などを第22回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(本年7月28日~30日、於・虎の門ヒルズフォーラム)にて発表いたします。
 
本学術集会で発表する演題の一覧は下記のとおりです。
 
 

演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・場所・演題番号
Cutting edge of Oncolytic Virus Immunotherapy 日米の腫瘍溶解性ウイルス療法最前線 7月29日 12:00~13:00
共催セミナーⅣ
Analysis of tumor infiltrating cellular immune compartments in combination treatment of HF10 with anti-CTLA-4 antibody. 抗CTLA-4抗体と腫瘍溶解性ウイルスHF10併用時の腫瘍浸潤免疫コンパートメントの解析 7月28日 16:00~16:50
一般口演
演題番号:OR-014
CD269-targeted CAR-modified T cells showed promising therapeutic efficacy in an orthotopic mouse model of multiple myeloma. 同所性多発性骨髄腫のマウスに対するCD269特異的CAR-T細胞の治療効果 7月28日 17:30~18:10
一般口演
演題番号:OR-020
Simple and Effective Ultracentrifugation-free Large-scale Purification of Recombinant Adeno-Associated Virus Serotype 9 (rAAV9) 超遠心分離を使用しない簡便かつ効率的な9型組換えアデノ随伴ウイルスの大規模精製方法 7月29日 9:10~10:10
一般口演
演題番号:OR-025
Robust Production of High Purity Endothelial Cells from Various Human Pluripotent Stem Cells 様々なiPS細胞株からの高純度内皮細胞の作製 7月29日 10:00~11:00
一般口演
演題番号:OR-034
Manufacture of chimeric antigen receptor(CAR) gene transduced T cells for clinical trials 臨床試験に向けたキメラ抗原受容体(CAR)遺伝子導入T細胞の製造方法 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-71
Development of measuring in vivo cell kinetics of retrovirus-mediated gene engineered T cells in patients who received the T cell transfer 患者血液中の遺伝子改変T細胞の測定方法の開発 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-72
Ex vivo expansion of human mesenchymal stem cells in combination with defined serum-free media and RetroNectin® for clinical use 無血清培地とレトロネクチンを用いた臨床用ヒト間葉系幹細胞のex vivo拡大培養法 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-85
Combination therapy of squamous cell carcinoma mouse models with PD-L1 immune checkpoint inhibitor and oncolytic herpes simplex virus HF10 扁平上皮癌マウスモデルに対する、免疫チェックポイント阻害剤抗PD-L1抗体と腫瘍溶解性ウイルスHF10の併用療法 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-90
Systemic delivery strategy of oncolytic herpes simplex virus HF10 adsorbed on antigen-specific lymphocytes 抗原特異的リンパ球を用いた腫瘍溶解性ウイルスHF10の全身送達法 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-91
Combination treatment of human cancer xenograft models with the conventional chemotherapeutic drug and oncolytic herpes simplex virus HF10 ヒト癌移植モデルを用いた、化学療法と腫瘍溶解性ウイルスHF10の併用療法 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-92
Enhanced Anti-tumoral activity of oncolyc herpes simplex virus HF10 with Cetuximab against human colorectal cancer ヒト大腸癌モデルに対する、セツキシマブと腫瘍溶解性ウイルスHF10の抗腫瘍活性の相乗効果 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-93
Stability comparison of recombinant serotype 2 adeno-associated virus vectors with wide type viruses under different conditions relevant to gene therapy trials 組換えアデノ随伴ウイルスベクターの安定性に関する研究 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-105
Construction of One-stop GMP manufacturing facility 多品目製造に対応するワンストップGMP製造施設 7月29日17:40 〜 18:10
ポスターセッション
演題番号:PO-106 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970