タカラバイオ株式会社は、siTCR遺伝子治療技術を用いた癌治療薬の実用化を目指し、Princess Margaret Cancer Centre(以下、「Princess Margaret」)の平野直人上級主席研究員・がん免疫療法部門副部門長らと2012年より共同研究を進めています。このたび、Princess MargaretによるTCR遺伝子治療(NY-ESO-1・siTCR遺伝子治療)の第Ⅰb相臨床試験の実施にあたり、カナダ保健省(Health Canada)よりNo Objection Letterを受領しました。これを受け、Princess Margaretでの研究倫理委員会での確認後に、固形癌を対象としたsiTCR遺伝子治療を開始いたします。
 
 NY-ESO-1・TCR遺伝子治療は、癌抗原であるNY-ESO-1抗原をターゲットにした治療です。Princess Margaretが実施する臨床試験において、当社が開発したレトロネクチン法やレトロネクチン拡大培養法、および三重大学の珠玖洋教授らと共同開発したTCR遺伝子導入用レトロウイルスベクター(siTCRベクター)が使用されます。
 
 当社は、本年度中に国内で、滑膜肉腫を対象としたTCR遺伝子治療(NY-ESO-1・siTCR遺伝子治療)の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を開始する予定です。国内およびカナダにおける同治療の臨床試験により、安全性や有効性のデータを取得し、国内で2020年度の商業化を目指します。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

【本試験の概要】

 

治験課題名 Phase Ib Study of TBI-1301 (NY-ESO-1 Specific TCR Gene Transduced Autologous T Lymphocytes) in Patients with Solid Tumors
対象患者 再発難治性の固形癌患者のうち、HLA-A*02:01又はHLA-A*02:06陽性かつ腫瘍細胞にNY-ESO-1抗原を発現している患者
主要目的 TCR遺伝子導入Tリンパ球の安全性、第Ⅱ相試験の推奨用量の決定
副次的目的 臨床効果(腫瘍縮小効果)
目標症例指数 9例
試験期間 2016年8月~2018年1月
実施施設 Princess Margaret

 

【Princess Margaretの概要】

 

治験課題名 Princess Margaret Cancer Centre(プリンセス マーガレット がんセンター)
設立 1952年
所在地 Downtown Toronto, Toronto, Ontario, Canada
概要 カナダで最大の癌研究センター。トロント総合病院、トロントウエスタン病院、トロントリハビリテーション病院などと連携して、癌治療および研究が行われている。
ホームページ

http://theprincessmargaret.ca

 
 
 

【語句説明】

 

siTCR遺伝子治療

癌患者から採取したT細胞に、癌細胞を特異的に認識するTCR遺伝子を体外で導入し、培養によって増殖させた後に輸注により患者に戻す治療をTCR遺伝子治療といい、Engineered T cell Therapyの一種です。TCR遺伝子が導入されたT細胞が、患者の体内において、癌細胞を特異的に認識して攻撃し、消滅させることにより、癌を治療します。siTCRベクター技術を用いたTCR遺伝子治療をsiTCR遺伝子治療と呼んでいます。ターゲットとする癌抗原に合わせたTCR遺伝子を選択することにより、siTCR遺伝子治療は様々な癌種への適用が可能となります。
現在、三重大学等において、固形癌を対象としたMAGE-A4・siTCR遺伝子治療およびNY-ESO-1・siTCR遺伝子治療の第I相臨床試験(いずれも医師主導治験)が行われています。
 

siTCRベクター技術

内在性のTCRの発現をRNA干渉により抑制し、目的とするTCRを発現するTリンパ球がより多く得られる技術で、TCR遺伝子治療の副作用のリスクの低減、有効性の向上につながると考えられます。
 

RNA干渉

二本鎖RNAによって配列特異的にメッセンジャーRNAが分解され、遺伝子の発現が抑制される現象のことを言います。この現象を利用して、細胞内で人工的に二本鎖RNAを発現させることにより、目的遺伝子の発現を抑制することができます。
 

No Objection Letter(無異議証明書)

臨床試験の実施に関して、カナダ保健省(Health Canada)による治験届の審査の結果、問題がなかった場合に発行されます。
 

NY-ESO-1・siTCR遺伝子治療

NY-ESO-1抗原陽性の固形癌を対象としたTCR遺伝子治療です。NY-ESO-1抗原は、癌抗原の一つで、滑膜肉腫、悪性黒色腫、食道癌、卵巣癌、多発性骨髄腫、頭頸部癌などで発現が確認されています。
 

TCR(T細胞受容体)

Tリンパ球(T細胞)に発現する糖タンパク質で、Tリンパ球が抗原を認識する際に作用します。腫瘍抗原を含む抗原をTCRが認識することにより、Tリンパ球が活性化されます。
 

癌抗原

免疫細胞が癌細胞と正常細胞を見分けるための目印になるもので、癌細胞に特有な抗原を癌抗原といいます。
 

滑膜肉腫

滑膜肉腫は悪性軟部腫瘍の1つであり、悪性度が高く、局所転移及び遠隔転移を生じる予後不良の疾患です。滑膜肉腫症例ではNY-ESO-1抗原発現率が高く、NY-ESO-1抗原が比較的均一に腫瘍組織全体に発現され、また、細胞あたりの発現量が高いという特徴があります。