タカラバイオ株式会社と京都府立医科大学は、当社が開発したがん免疫細胞療法「レトロネクチン®誘導Tリンパ球療法」に関する臨床研究を2009年4月より実施して参りました。この度、同臨床研究に関する成果を第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会(岩手県盛岡市、12月5~6日)にて発表します。さらに、同成果は海外学術誌PLOS ONEにも掲載される予定です。

 

同臨床研究の概要は以下の通りです。

 

対象疾患 標準治療後の残存あるいは再発症例で手術・放射線治療による
根治性のある治療の対象とならない消化器がん・肺がん
症例数 9例
投与細胞数 1×109個、3×109個、9×109個(各3例)
細胞投与回数 2週間隔で2回
主要評価項目 安全性
副次評価項目 腫瘍縮小効果

 

研究データについて解析を進めた結果、投与したナイーブT細胞数が多い症例では、京都府立医科大学同グループにより治療予後と相関性があることが報告されている、血液中のインターフェロンγ産生能が向上していることが分かりました。今回の研究成果はレトロネクチン®誘導Tリンパ球療法の有用性を示唆するものと考えられます。

 

当社は、リンパ球培養時にレトロネクチン®を用いると効率よくリンパ球の培養を行うことが可能で、増殖した細胞中にはナイーブT細胞と呼ばれるがん治療効果の高い細胞が多く含まれていることを見出し、国内で既に特許を取得しています。当社はその研究成果を元に、国内の複数の医療機関に対して、レトロネクチン®誘導Tリンパ球療法を行うための技術支援サービスを行って参りました。

 

今回明らかになった臨床試験結果を元に、当社と京都府立医科大学とは今後もより治療効果の高いがん細胞免疫療法の臨床開発を進めていきます。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【語句説明】

 

がん免疫細胞療法

がん免疫細胞療法は、患者自身のリンパ球を、自身のがん細胞を攻撃できるように体外で活性化し、その細胞数を増やしてから、患者の体内に再び戻し、がん細胞を破壊に導くというものです。外科手術、放射線治療、化学療法などと比較して、一般的に副作用が少ないと言われ、それらの治療方法や温熱治療等と併用されています。

 

リンパ球

血液に含まれる成分で、生体防御に関わる免疫作用で重要な役割を果たす白血球のうちの1つです。B細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)、NK細胞などの種類があり、ウイルスや腫瘍細胞などの異物を攻撃することが知られています。

 

レトロネクチン®

レトロネクチン®は、当社が開発したヒトフィブロネクチンと呼ばれる分子を改良した組換えタンパク質です。レトロネクチン®を用いたレトロウイルスベクターによる遺伝子導入法は、レトロネクチン法として知られており、レトロウイルスベクターによる遺伝子治療の臨床研究のスタンダードとなっています。さらに、当社はレトロネクチン®の新たな機能として、リンパ球の培養を増強する効果を発見し、レトロネクチン®の臨床応用を進めています。

 

ナイーブT細胞

特異的な抗原により刺激を受け活性化されたことがない未分化T細胞で、血液中を循環し、2次リンパ組織において抗原提示細胞により抗原の提示を受け、細胞傷害性T細胞やヘルパーT細胞などに分化する能力を有しているとされています。

 

インターフェロンγ(IFN-γ)

ウイルスや腫瘍細胞に対してリンパ球が分泌する蛋白質の1種であり、免疫機能の調節に重要な働きをするサイトカインとして知られています。

 

再生医療安全性確保法

第185会国会において、2013年11月20日に改正薬事法とともに成立した法案。政府は、iPS細胞などの細胞を用いた再生医療の早期普及及び産業化を成長戦略の柱の1つとしており、同法では、医療機関にリスクに応じた再生医療の実施計画を厚生労働省に提出させることにより、再生医療の安全性担保の仕組みを作るとともに、これまで医療機関にのみ認められていた細胞の培養加工の外部委託が、一定の条件のもとに実現することになります。