本日、自治医科大学と国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、
「日本初の難治性小児神経疾病に対する遺伝子治療を実施し効果発現~AADC欠損症患者 治療後2か月で寝たきりから寝返り、歩行練習開始~」と題する発表を行いました。
 

当社は、本研究では、研究協力者として遺伝子治療用AAVベクターをGMPグレードで受託製造し、提供しております。
 

当社は、遺伝子治療の臨床開発、遺伝子治療・細胞医療などの再生医療等製品の開発支援(CDMO事業)の展開に注力しております。本発表を機にさらに事業を拡大させてまいります。
 
 

(ご参考)
日本医療研究開発機構ニュースリリース ホームページ

http://www.amed.go.jp/news/release_20151110.html

自治医科大学ニュースリリース ホームページ(※)

http://www.jichi.ac.jp/news/research/2015/20151111.html

自治医科大学小児科学教室AADC欠損症遺伝子治療 ホームページ(※)

http://www.jichi.ac.jp/usr/pedi/aadc/index.html

※平成27年11月11日に追加しました。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970