タカラバイオ株式会社は、アデノ随伴ウイルス(以下「AAV」)ベクターの精製キット、「AAVpro® Purification Kit (All Serotypes)」を7月13日より発売いたしました。
 
AAVは病原性を持たず、細胞や組織に効率よく遺伝子導入が可能で、また、導入した遺伝子は長期間発現するため、AAVベクターは遺伝子導入用ベクターとして、研究分野だけでなく遺伝子治療分野まで幅広く利用されています。AAVベクターにより遺伝子を細胞や個体へ導入する際、AAVベクターの製造過程において混入するウイルス産生細胞や培地由来の不純物などを除去する精製の工程が必要です。
 
AAVベクターの精製は、これまで超遠心法が一般的に用いられていますが、作業が複雑で時間を要し、精製効率が悪いのが問題でした。また、カラムによる精製法も用いられますが、100を超えるAAVの血清型のうちある種類の血清型のみしか精製できず、汎用性がありませんでした。
 
本製品は、複数種類の血清型のAAVベクターを、短時間で簡便に高純度に精製できる、汎用性のあるキットです。当社独自の技術により、AAVベクター産生細胞からAAVベクターを抽出し、不純物などを除去することでAAVベクターを精製します。約4時間でAAV産生細胞からAAVベクターを簡便に精製できます。また、研究分野や遺伝子治療分野でよく利用されているAAV1~6の血清型を精製することができ、汎用性があります。
 
当社は、遺伝子導入用ウイルスベクターの新製品や受託サービスの開発に注力し、臨床応用が進みつつある遺伝子治療研究の支援を拡大させてまいります。
 
 

【製品概要】

 

製品名 容量 製品コード 希望小売価格
(税別)
AAVpro®Purification Kit (All Serotypes) 最大4回 6666 120,000円

製品の詳細やご購入については当社営業部営業企画担当(TEL:077-543-7231)までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【語句説明】

 

ベクター

目的遺伝子を細胞やバクテリアに導入するための分子。プラスミドベクター、レトロウイルスベクター、アデノウイルスベクター、レンチウイルスベクター、アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターなどがあります。

 

アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター

アデノ随伴ウイルス(AAV)は、ヒトや動物に感染する小型ウイルスです。AAVベクターは、遺伝子導入用にAAVを人工的に改変して作製したベクターです。遺伝子導入できる大きさが4,500塩基程度と小さいですが、病原性がないウイルス由来のものであり、安全性が高いことや、物理化学的に安定で、精製操作が比較的簡便であることから、遺伝子治療や動物個体への遺伝子導入用ベクターとして注目されています。また、宿主域が広く、神経などの非分裂細胞にも遺伝子導入できるという利点があります。AAVは血清型の違いにより組織指向性が異なることから、標的とする細胞の種類に応じた血清型のAAVベクターを選択することで、高効率に遺伝子導入することができます。