タカラバイオ株式会社は、iPSアカデミアジャパン株式会社と、日本企業として初めて、国立大学法人京都大学山中伸弥教授らが発明した新たなiPS細胞作製方法に関する特許実施許諾契約を、9月30日付で締結しました。
本契約により当社は、既存のiPS細胞作製方法より安全性の高い、プラスミドベクターを用いたiPS細胞作製受託サービスの提供および、研究用試薬の販売が可能となります。

 

当社は、平成21年4月にiPSアカデミアジャパン株式会社とiPS細胞作製に関する特許実施許諾契約を締結しており、レトロウイルスベクターを用いたヒトiPS細胞作製試薬の販売および、当該技術を用いたiPS細胞作製受託サービスの提供を行ってきました。
従来のレトロウイルスベクターを用いた遺伝子導入法は、遺伝子導入効率が高く、効率的にiPS細胞を作成できるといった利点がある一方、細胞の染色体にランダムな遺伝子挿入が起こることから、遺伝子変異を起こし腫瘍形成などの原因となる可能性が懸念されていました。そのため、より高い安全性が求められる臨床利用を前提とした再生・細胞医療研究においては、染色体への遺伝子挿入の起こりにくい、プラスミドベクターを用いた遺伝子導入方法がより再生医療に適した方法として期待されています。
今回の契約締結により、山中教授らの研究グループが発見した、OCT3/4、SOX2、KLF4、LIN28、L-MYC、p53 shRNAという6つの因子を搭載したプラスミドベクターを遺伝子導入することにより、効率よくヒトiPS細胞を樹立する方法が許諾されました。

 

当社は、iPS細胞やES細胞等の幹細胞研究に関する新製品・サービスの開発に注力しており、本製品・本サービスを含めた関連製品・サービスを国内外の研究機関や製薬企業向けに販売しています。本契約締結による、当社連結および単体の平成26年3月期業績への直接的な影響は軽微ですが、今後も遺伝子工学研究事業の製品・サービスの充実を図り、売上拡大を目指します。

 

製品の詳細やご注文については、当社営業部(TEL:077-543-7231)にお問い合わせください。 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【iPSアカデミアジャパン社の概要】

 

会社名 iPSアカデミアジャパン株式会社
設立 2008年
代表者 村山 昇作
住所 京都市上京区河原町通今出川下る梶井町448番地5
資本金 300 百万円
事業概要 iPS細胞等に係る特許発明の実施許諾事業
iPS細胞の企業への提供
iPS細胞由来分化誘導細胞の販売
iPS細胞関連の共同研究・開発
体験型機器ショールーム
iPS細胞事業化の支援
ホームページ http://ips-cell.net

 

 

【語句説明】

 

iPS細胞

体細胞に、数種類の遺伝子を導入することなどによって分化多能性が誘導された細胞のことです。2006年に京都大学山中伸弥教授らのグループにより、この現象が発見され人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem Cells:iPS細胞)と名付けられました。iPS細胞は、ES(Embryonic Stem)細胞とほぼ同等の分化多能性を示すことから、薬剤開発、種々の疾患の病態解明や再生・細胞医療への応用が期待されます。

 

プラスミド

染色体DNA以外の細胞質DNAの名称。環状の二本鎖構造をとるDNAで、細胞内で核以外の細胞質中に存在し、染色体とは独立して自律的に増殖し、親から子の細胞へ伝えられます。

 

ベクター

目的遺伝子をバクテリアや細胞に導入するための分子。プラスミドベクター、ウイルスベクターなどがあります。