タカラバイオ株式会社は、悪性黒色腫を対象にした腫瘍溶解性ウイルスHF10、固形がんを対象にしたsiTCR遺伝子治療、造血器腫瘍を対象としたCAR遺伝子治療などの臨床開発を進めています。この度、これら遺伝子治療プロジェクトの臨床試験/臨床研究の成果などを第21回日本遺伝子治療学会学術集会(本年7月24日~26日、於・大阪国際会議場)にて発表いたします。
 

本学会で発表する演題の一覧は下記のとおりです。
 

演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・場所・演題番号
Oncolytic herpes simplex virus type 1 mutant HF10 in combination with anti-PD-1 antibody enhanced systemic anti-tumor effect 腫瘍溶解性ウイルスHF10と抗PD-1抗体との併用による全身性抗腫瘍効果の増大 7月24日 8:40~10:10
プレナリーセッション
12階 第2会場
演題番号:PS-4
Manufacture of MAGE-A4-specific TCR gene modified T cells in cell processing center from patients and healthy donors 細胞調製施設における健常人および患者検体を用いたMAGE-A4特異的TCR遺伝子導入細胞の調製 7月25日 9:00~9:50
一般口演
12階 第2会場
演題番号:OR-14
Engineering of CD19-CAR T cells from B-NHL patients in combination with RetroNectin/OKT3 stimulation 抗CD3抗体/レトロネクチンを用いたB-NHL患者由来CD19・CAR遺伝子導入T細胞の作製 7月24日 18:00~19:00
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-44
Best CAR design based on the analysis of ligand-independent activation of CD19-CAR T cells キメラ抗原受容体の自己活性評価を基にした最適なCD19・CARベクターの開発 7月24日 18:00~19:00
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-51
Combination therapy against human colorectal cancer with the epidermal growth factor receptor inhibitor cetuximab and oncolytic herpes simplex virus HF10 ヒト大腸がんモデルによる腫瘍溶解性ウイルスHF10とセツキシマブの併用療法 7月24日 18:00~19:00
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-55
Combination treatment of human head and neck cancer xenograft models with the epidermal growth factor receptor monoclonal antibody and oncolytic herpes simplex virus HF10 ヒト頭頸部がんモデルによる腫瘍溶解性ウイルスHF10とセツキシマブの併用療法 7月24日 18:00~19:00
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-61
Scalable production of AAV vector by baculovirus expression system for clinical use バキュロウイルスベクターシステムを用いた臨床用AAVベクターの大規模化可能な製造法 7月25日 17:20~18:20
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-81
Simple and scalable serotype-independent purification method of AAV vector 血清型に依存しないAAVベクターの精製方法 7月25日 17:20~18:20
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-82
Enhancing anti-tumor immune response of HF10 virotherapy through HSV amplicon carrying cancer therapeutic gene 治療遺伝子発現アンプリコンを用いた腫瘍溶解性ウイルスHF10の抗腫瘍免疫応答の増強 7月25日 17:20~18:20
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-83
Tumor targeting strategy of oncolytic herpes simplex virus using hitchhiking on antigen-specific lymphocytes 抗原特異的リンパ球を用いた腫瘍溶解性ヘルペスウイルスのがん標的療法 7月25日 17:20~18:20
ポスターセッション
12階 ポスター会場
演題番号:PO-93 

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970