タカラバイオ株式会社は、GMPに準拠した製造・品質管理のもと製造するGMPグレードの高品質なPCR酵素「TaKaRa Taq™ Hot Start Version GMP grade」を、本年1月29日より全世界で販売開始いたします。
 
近年、病気の原因やメカニズムが遺伝子レベルで解明されてきており、遺伝子の個人差が治療薬の有効性、副作用、病態などの違いに影響していることが分かってきました。患者個人にあった最適な医療の実現のため、医療分野での遺伝子解析の重要性が高まっており、遺伝子診断薬の開発や遺伝子診断の需要が拡大しています。遺伝子解析には遺伝子を増幅する工程がありますが、そこでPCR酵素と呼ばれる遺伝子増幅用の酵素が使われます。
 
本製品は、医薬品や診断薬などの製造・品質管理基準であるGMPに準拠して、滋賀県草津市の当社施設で製造するPCR酵素です。診断薬や臨床検査などで求められる高い品質を担保しており、診断薬会社や検査会社などへ販売いたします。また、顧客の要望に応じて濃度や容量などを変えるカスタムサービスも展開し、あらゆるニーズにお応えいたします。
 
当社グループは、今後ともGMPグレード製品の開発に注力してラインナップを拡充し、拡大する産業支援分野での売上拡大を目指します。

 

【製品概要】

 

製品名 容量 製品コード 希望小売価格
(税別)
Takara Taq™ Hot Start Version GMP grade 250U R310A 29,000円

製品の詳細やご購入については当社営業部営業企画担当(TEL:077-565-6972)までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【語句説明】

 

GMPグレード

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、医薬品や体外診断用医薬品などを製造する際に遵守すべき「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」「医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準」を指します。GMPは、安全で品質が担保された医薬品や体外診断用医薬品などを供給するため、製造時の管理、遵守事項を各国の規制当局が定めたものです。GMPグレードとは、GMPに準拠した製造・品質管理のもと製造することをいいます。