タカラバイオ株式会社(社長:仲尾功一)とベルギー国MDxヘルス社(MDxHealth S.A.、リージュ)は、MDxヘルス社が保有するMSP(Methylation Specific PCR)法に関する特許について、当社が全世界における研究用途向けの実施許諾を受けることで合意し、11月25日付で特許実施許諾契約を締結しました。当社グループは、MSP法を利用して開発した研究用試薬「EpiScope MSP Kit」を11月29日に発売します。

 

近年、iPS細胞を含む幹細胞研究や疾患メカニズム研究の領域において、エピジェネティクスと呼ばれる、遺伝子発現制御に影響する遺伝子(DNA)や染色体の修飾と構造変化の解析が盛んに行われています。エピジェネティクス解析において、主要な解析対象の1つとなっているのがDNAメチル化であり、がんの発症とDNAメチル化の関連性や再生医療のための細胞の分化制御におけるDNAメチル化の重要性など、多くの研究成果が報告されています。

 

今回発売する「EpiScope MSP Kit」は、遺伝子の特定領域の詳細なDNAメチル化解析を行うための製品です。本製品には、DNAを化学変換させてから特定領域の配列をPCR法により解析するMSP法が用いられていますが、従来用いられているMSP法には、DNAの化学変換によりPCR反応が起こりにくくなることや、メチル化/非メチル化の判別の精度が低いという課題がありました。
当社は、PCR反応に用いる耐熱性DNAポリメラーゼの反応性と特異性を強化することで、この問題点を改善し、高効率なPCR反応とメチル化/非メチル化のより正確な判別を可能としました。本製品を用いることで、より正確に遺伝子特定領域のDNAメチル化解析を行うことができます。

 

当社は、急成長しているエピジェネティクス研究分野を新製品開発の注力領域の1つと位置づけています。今後も当分野における新製品開発を積極的に進め、遺伝子工学研究事業の売上増を目指します。

【製品概要】

製品名

EpiScope MSP Kit

製品コード

R100A /B

容量

200回 / 400回

価格

58,000円(税込)/ 112,000円(税込)

製品・サービスの詳細やご購入については、当社営業部営業企画担当(TEL:077-543-7231)にお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

【MDxヘルス社の概要】

会社名

MDxHealth S.A.

設立

2003年

代表者

Jan Groen, CEO

売上高

2,548千ユーロ(2009年)

従業員数

40名

住所

Tour 5 GIGA niveau +3, Av. de l’Hopital 11
4000 Liege, BELGIUM

事業概要

がん領域の分子診断薬の開発・販売など

ホームページ

https://mdxhealth.com/

【語句説明】

エピジェネティクス
塩基配列に依存しない遺伝子発現の多様性を生み出す仕組みを意味します。染色体構造、あるいは、ゲノムへの後天的な修飾により遺伝子発現が制御されることに起因する遺伝学あるいは分子生物学の研究分野です。修飾としては、主にDNA塩基のメチル化とヒストンの化学修飾があります。それぞれの修飾の変化は、発生や分化の過程において経時的に生じ、細胞の形質発現への寄与は大きく、分子生物学上の一大領域を形成しつつある学問分野です。iPS細胞の研究においても、DNAメチル化の解析が行われています。

 

iPS細胞
体細胞に、再プログラム化に必要な数種類の遺伝子を導入し誘導される分化多能性を獲得した細胞のことです。2006年に京都大学山中伸弥教授らのグループにより、この現象が発見され人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem Cells:iPS細胞)と名付けられました。iPS細胞は、ES(Embryonic Stem)細胞とほぼ同等の分化多能性を示すことから、薬剤開発、種々の疾患の病態解明や再生医療への応用が期待されています。

 

DNAメチル化
DNAのメチル化は、動物ではCpG配列、植物ではCpG配列とCpNpG配列のシトシンがメチル化されることが知られています。多くのゲノム領域ではCpG配列は散在的に存在しますが、遺伝子のプロモーター付近にはCpG配列が高頻度に存在する領域があり、CpGアイランドと呼ばれています。通常、CpGアイランドがメチル化されると遺伝子の転写が抑制されます。ヒトやマウスのゲノムではCpG配列の約70%がメチル化されていますが、例外的に、発現している遺伝子のCpGアイランドはメチル化されていません。DNAメチル化解析では、主にこのようなCpGアイランドのメチル化状態を解析します。

 

MSP(Methylation Specific PCR)法
MSP法は、バイサルファイト処理によりCpG配列のメチル化状態に応じて配列が変化する箇所に設計したメチル化DNA検出用プライマーと非メチル化DNA検出用のプライマーのそれぞれを用いてPCR増幅を行い、その増幅の有無により特定領域のメチル化状態を解析する方法です。

 

PCR
Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の略称です。温度サイクル装置(サーマルサイクラー)を使用し、微量のDNAを数時間のうちに数百万倍にまで増幅する技術です。

 

DNAポリメラーゼ
一本鎖DNAを鋳型にして、dNTPsを基質にDNAを合成する酵素です。