タカラバイオ株式会社は、悪性黒色腫を対象にしたがん治療薬HF10、HIV感染症を対象にしたMazF遺伝子治療、固形がんを対象にしたTCR遺伝子治療などの臨床開発を進めています。この度、これら遺伝子治療プロジェクトの臨床試験/臨床研究の成果などを第20回日本遺伝子治療学会学術集会(本年8月6日~8日、於・東京慈恵会医科大学)にて発表する予定です。

 

本学会で発表する演題の一覧は下記のとおりです。

 

演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・場所・演題番号
A Phase I clinical trial of autologous CD4+ T cells modified with a retroviral vector expressing the MazF endoribonuclease in patients with HIV-1 HIV-1患者への大腸菌由来RNA分解酵素MazF遺伝子を導入したCD4陽性T細胞の自家移植による遺伝子治療第1相臨床試験 8月7日 8:45~9:30プレナリーセッションConvention Hall演題番号:PS-5
Examination of the curative effect through the antitumor immunity of the host by the locally administered oncolytic virus HF10 to the subcutaneous tumor in the liver and peritoneal metastasis mouse models 皮下腫瘍に対する腫瘍溶解性ウイルスHF10投与の抗腫瘍免疫を介した肝転移及び腹膜転移に及ぼす治療効果の検討 8月6日 17:15~18:30オーラルセッションⅢLecture Room-1演題番号:OR-33
Combination therapy of oncolytic herpes simplex virus HF10 and Bevacizumab against experimental model of human breast carcinoma ヒト乳がんモデルによる腫瘍溶解性ウイルスHF10とベバシズマブの併用療法 8月7日 9:30~10:40オーラルセッションⅤLecture Room-1演題番号:OR-47
Translational study using herpes oncolytic virus HF10 with Erlotinib and Gemcitabine 腫瘍溶解性ウイルスHF10とエルロチニブ、ゲムシタビン併用のトランスレーショナルスタディ 8月7日 9:30~10:40オーラルセッションⅤLecture Room-1演題番号:OR-49
Anti-tumor activity of oncolytic herpes simplex virus HF10 in combination with the epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor Erlotinib in human pancreatic cancers 膵がんにおける腫瘍溶解性ウイルスHF10とエルロチニブの併用療法の抗腫瘍活性 8月7日 9:30~10:40オーラルセッションⅤLecture Room-1演題番号:OR-50
Oncolytic herpes simplex virus type 1 mutant HF10 in combination with anti-CTLA-4 antibody enhanced systemic anti-tumor effect 腫瘍溶解性ウイルスHF10と抗CTLA-4抗体の併用による抗腫瘍効果 8月8日 13:00~14:10オーラルセッションⅩLecture Room-1演題番号:OR-86
High-quality TCR-gene modified T cells using siTCR lentiviral vector in combination with anti-CD3/CH296 stimulation 抗CD3抗体/レトロネクチンを用いたsiTCRレンチウイルスベクターによる高品質遺伝子改変T細胞の作製 8月8日 13:00~14:10オーラルセッションⅩLecture Room-1演題番号:OR-87
Efficacy and safety of T cells with CEA-specific chimeric antigen receptor for cancer immunotherapy がん免疫細胞療法におけるがん胎児性抗原(CEA)特異的キメラ抗原受容体導入T細胞輸注療法の有効性と安全性の検討 8月8日 13:00~14:10オーラルセッションⅩLecture Room-1演題番号:OR-89
Development of chimeric antigen receptor immunotherapy targeting intracellular WT1 gene product 細胞内WT1遺伝子産物を標的としたキメラ抗原受容体発現免疫細胞療法の開発 8月8日 13:00~14:10オーラルセッションⅩLecture Room-1演題番号:OR-90
TCR gene therapy with allogeneic T cells アロT細胞を用いたT細胞輸注療法 8月8日 13:00~14:10オーラルセッションⅩLecture Room-1演題番号:OR-92
Good manufacturing practice (GMP) compatible method for adeno-associated virus type2 vector production and purification AAV2ベクターのGMP製造検討 8月7日 9:30~10:45オーラルセッションⅥLecture Room-2演題番号:OR-59
Examination on large scale production of AAV vectors for clinical use 臨床用AAVベクターの大量製造検討 8月8日 10:10~11:20オーラルセッションⅨLecture Room-2演題番号:OR-83
A novel immunoprecipitaion (IP)-Seq-based method for anti-AAV capsid antibody epitope mapping 抗AAVキャプシド抗体のエピトープマッピングの免疫沈降シーケンス法 8月8日 11:50~11:56ノーツLecture Room-1演題番号:N-2
Development of T lymphocytes- based gene therapy for refractory cancers in Japan 日本における難治性がんに対するT細胞遺伝子治療の開発 8月6日 14:00~15:50メインシンポジウムⅠConvention Hall演題番号:MS1-5
Clinical trials of immunotherapy using genetically engineered T cells for cancer in Japan 日本におけるがんに対するT細胞遺伝子治療の臨床試験 8月7日 15:30~17:20スペシャルシンポジウムⅡConvention Hall演題番号:SS2-1
For Japanese-made gene therapy and regenerative medicine -Center for gene and cell processing - 遺伝子治療・再生医療の国産化を目指して ~ 遺伝子・細胞プロセッシングセンター~ 8月7日 12:00~13:00コーポレートセミナーⅡLecture Room-1

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970