タカラバイオ株式会社は、下記の演題について、第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会(本年7月26日~28日、於・虎の門ヒルズフォーラム)にて研究成果を発表します。

 

演題名 (参考)日本語演題名 発表日時・演題番号
Quality management of gene engineered cells 遺伝子導入細胞の品質確保 ※会期前日
7月25日 13:30~14:00
遺伝子治療臨床試験ワークショップ
Current clinical development of gene and cellular therapy in Japan 日本における遺伝子細胞療法の臨床開発の現状 7月27日 18:20~18:50
イブニングセミナー
Manufacturing of cellular and tissue-based products 再生医療等製品の製造 7月28日 8:30~10:15
シンポジウム
演題番号:S8-2
Clinical evaluation of a novel oncolytic viral immunotherapy agent, Canerpaturev(HF10) 実用化を見据えた新規腫瘍溶解性ウイルスCanerpaturev(HF10)の臨床評価 7月28日 10:15~12:00
シンポジウム
演題番号:S10-4
Newly developed xeno-free expansion medium for human mesenchymal stem cells 間葉系幹細胞用新規Xeno-Free培地の開発 7月26日 16:58~17:25
一般口演
演題番号:OR-18
Development of novel differentiation procedure and expansion medium for iPSC-derived endothelial cells ヒトiPS細胞からの高効率な血管内皮細胞分化誘導技術の開発 7月26日 17:52~18:19
一般口演
演題番号:OR-24
The optimization of site-specific gene knock-in using Cas9 ribonucleoprotein and AAV as a donor template Cas9-RNPとAAVドナーを用いた高効率ゲノム編集ノックインの最適化 7月27日 15:30~16:06
一般口演
演題番号:OR-39
Construction of the line clearance procedure for manufacturing gene and cell therapy products before/after operations 遺伝子・細胞治療製品の製造におけるラインクリアランス手順の構築 7月27日 17:20~17:50
ポスターセッション
演題番号:PO-67
Establishment of scalable production method for adenovirus type 5 vector using fixed-bed bioreactor 固定床式バイオリアクターを用いたスケールアップ可能なアデノウイルス5型ベクター生産方法の構築 7月27日 17:20~17:50
ポスター発表
演題番号:PO-64
Scalable and serum-free production of lentiviral vector in suspension culture system 無血清・浮遊培養系を用いたレンチウイルスベクター製造 7月27日 17:20~17:50
ポスター発表
演題番号:PO-66
Human virus testing for biopharmaceuticals or regenerative medical products by using real-time PCR assay バイオ医薬品等におけるヒト特異的ウイルスの検出法(qPCR法) 7月27日 17:20~17:50
ポスター発表
演題番号:PO-65
User-friendly analysis package of discovering transgene integration site by Next Generation Sequencing 次世代シーケンサーを用いたユーザーフレンドリーなトランスジーン挿入位置解析メニュー 7月27日 17:20~17:50
ポスター発表
演題番号:PO-53

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970