タカラバイオ株式会社は、東北大学東北メディカル・メガバンク機構(以下、ToMMo)_{注1} が、日本人の遺伝子解析用に開発した「Axiomジャポニカアレイsup{®}NEO_{注2} 」を用いた遺伝子解析サービス(以下、本サービス)を本日より開始します。

 「Axiomジャポニカアレイsup{®}NEO」は、日本人の本格的な遺伝子解析アレイとして、はじめて市販化されたもので、日本人ゲノムで多型が報告されている疾患関連SNP_{注3}2.8万個および日本人約3,500人の全ゲノムシーケンスデータを基に設計されたタグSNP_{注4} 65万個を搭載しています。従来の遺伝子解析と比較して、低コストで短期間に実施できるため、今後、健康診断市場に向けた開発や個別化医療の実現に向けた研究に大いに貢献することが期待されています。本サービスでは、「Axiomジャポニカアレイsup{®}NEO」を用いた、SNPタイピング_{注3} データを提供します。

 

<本サービスの特長>

  1. アレイを用いた解析系であるため、高精度、低コスト、短期間で行えます。さらに情報解析手法を組み合わせると、より多くのSNPを推定することが可能で、疑似的に全ゲノム情報を入手できます。
  2. 日本人特有の疾患関連遺伝子の探索が可能です。
  3. 多因子疾患_{注5} 関連SNPの遺伝子型を決定できます。

 

 当社はAxiomジャポニカアレイsup{®}NEOを用いたSNP解析に加えて、次世代シーケンサーによるシーケンス解析も積極的に展開し、ヒト全ゲノム配列を用いた研究をサポートするとともに、ヒトゲノムを用いた検査事業のさらなる拡大を進めます。

 

 ※詳しくは、当社の下記ウェブサイトをご参照ください。

http://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.php?catcd=B1000482&subcatcd=B1000488&unitid=U100007538

 

 ※本サービスは、研究を目的としたサービスです。

 

【本サービスに関するお問合せ】

詳細やご依頼については、受託営業部(TEL:077-567-9262)までお問い合わせください。

 

 

 

<参考資料>

 

【語句説明】

 

(注1) 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)

東日本大震災被災地の復興のために東北大学内に設置された、「バイオバンク関連事業」「地域医療支援事業」「人材育成事業」の3つの事業体制からなる組織です。

 

(注2) Axiomジャポニカアレイsup{®}NEO

日本人の遺伝情報を網羅的に解析するためにToMMoが構築した遺伝子解析ツールです。日本人に特徴的な塩基配列を持つ約66万箇所の一塩基多型(SNP:Single Nucleotide Polymorphism)を1枚のチップに搭載しており、網羅的な遺伝子解析が可能です。ジャポニカアレイsup{®}NEOは東北大学の登録商標です。(参考)「ジャポニカアレイsup{®}NEOを開発~より広くさまざまな人々にゲノム解析が適用可能に」https://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/35307

 

(注3) SNPSNPタイピング

SNPは一塩基多型(Single Nucleotide Polymorphism)で、個体間において遺伝子配列の一塩基が異なる現象です。SNPタイピングは遺伝子配列中のSNPなど特定塩基の多型を同定する手法です。

 

(注4) タグSNP

特定の集団(例えば日本人)において、ゲノム配列中の組み換えが起こりにくい特定領域を効率的に識別するために選ばれるSNPです。

 

(注5) 多因子疾患

遺伝的要因と環境的要因が相互に作用して発症する疾患です。糖尿病、高血圧、認知症など多くの疾患が知られています。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970