タカラバイオ株式会社は、シングルセル(1細胞)(注1)由来の超微量DNAなどを次世代シーケンサー(注2)で解析するための研究用試薬「SMARTer® PicoPLEX® Gold Single Cell DNA-Seq Kit」を本年9月7日より日本国内で販売しました。

 

 次世代シーケンサーは、基礎生物学や、がんなどの診断分野で非常に有用な解析ツールとして注目されています。とりわけ、体内や組織中に、極めて稀に存在する細胞中のDNA解析で威力を発揮します。例えば、血液中に極微量にしか存在しない血中循環腫瘍細胞(CTC)(注3)は、血液10ml中に僅か数個程度しか存在しませんが、がん転移の原因と考えられており、CTCのDNAを解析することで、がん転移のメカニズム解明や早期がん診断に役立と考えられています。

 

 当社グループは、かねてより次世代シーケンサー技術に注目し、高品質な遺伝子解析受託サービスを展開してきました。また、当社のグループ会社であるTakara Bio USA社で開発されたSMART®技術(注4)を用いた次世代シーケンサー用超微量RNA解析キットは、高性能で定評があり全世界で広く使われています。

 

 本製品は、昨年当社グループに加わった旧Rubicon Genomics社(現在はTakara Bio USA社に吸収合併)が保有する超微量DNA解析技術PicoPLEX®(注5)と当社グループが保有する超微量遺伝子解析技術のシナジーにより生み出された製品です。本製品の使用により、細胞中の超微量DNAを出発材料として、次世代シーケンサー解析用に高精度なDNAライブラリーを、短時間で簡便に調製することが可能になります。また、1回の操作で網羅的に多くのDNA変異を検出できるため、CTCなどの超微量DNA解析に最適な製品です。本製品により、遺伝子検査の感度が大きく向上し、がん診断をはじめクリニカル領域での貢献が期待されます。

 

 当社は、超微量のDNAやRNAなどの核酸やシングルセル(1細胞)を対象とした遺伝子解析キットやサービスの開発、事業化に注力しており、これらの提供を通じて、バイオ産業支援事業の拡大を目指しています。

【製品概要】

詳しくは、下記ウェブサイトをご参照ください。

http://catalog.takara-bio.co.jp/product/basic_info.php?unitid=U100009373

【製品写真】

【問い合わせ先】

 製品の詳細やご購入については、当社営業企画部製品担当(TEL: 077-565-6972)までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

【語句説明】

(注1) シングルセル(1細胞)解析

細胞集団の平均的な解析ではなく、1細胞レベルでDNA(ゲノム)配列やRNA配列解析を行うことです。シングルセル解析には、細胞を1つ1つ分離する技術と、1つの細胞に由来する極微量の遺伝子を解析できる技術が要求されます。発がんメカニズムの解明やiPS細胞に代表される再生医療用細胞の品質評価などにシングルセル解析が用いられます。

 

(注2) 次世代シーケンサー

数百から数億個のDNAデータを並列に大量取得することができます。大量に取得したデータは、専用の計算機サーバーで目的に応じて処理されます。大量の塩基配列データが取得できるため、ヒトゲノム解析やがんなどの疾病の原因解明や診断など多目的に使用される機会が増えています。

 

(注3) 血中循環腫瘍細胞(CTC;Circulating Tumor Cell)

がん患者の血液10ml中に僅か数個程度しか存在しない血中循環型のがん細胞で、この遺伝子情報を解析することによりがんの早期診断や治療への利用が期待できます。

 

(注4) SMART®技術

Switching Mechanism at 5’End of RNA Templateの頭文字を取ってSMART®と呼んでいます。PCRアダプター配列を直接付加して完全長cDNA合成できるため感度が良く、超微量の核酸サンプルからのライブラリー調製が可能です。

 

(注5) PicoPLEX®技術

昨年当社グループに加わった米国の旧Rubicon Genomics社が保有する、シングルセルなど超微量のゲノムDNAから全ゲノム増幅を行う技術で、次世代シーケンサー解析用の高精度なライブラリー調製が可能です。また、個人間で観察されるゲノムの塩基配列(遺伝情報)の違いを検出することが可能なことから、CTCのDNA解析に有効です。