タカラバイオ株式会社は、ヒトiPS細胞から作製した研究用膵臓細胞(膵β細胞)「Cellartis® hiPS Beta Cells (from ChiPSC12) Kit」を、本年8月24日より全世界で販売いたします。
 
 研究用のヒト膵臓細胞は入手が難しく、従来から安定供給が望まれていました。当社は、ヒトiPS細胞由来膵β細胞の製品化をすすめ、均質な性能の膵臓細胞を安定供給することを可能にしました。今後、同製品が糖尿病の研究分野や、糖尿病治療薬の創薬分野において利用されることが期待されます。
 
 当社グループは、近年ニーズが高まっている幹細胞分野の新製品・サービスの開発に注力しており、ヒトiPS細胞由来の心筋細胞「Cellartis® Cardiomyocytes Kit」および「MiraCellTM Cardiomyocytes」、ヒトiPS細胞由来の肝細胞「Cellartis® Enhanced hiPS-HEP Kit」を販売しております。今回、同製品の発売によりヒトiPS細胞由来の細胞製品のラインナップを拡充し、さらなる業績拡大を目指します。

 

【製品概要】

 

製品コード 製品名 希望小売価格(税別)
Y10100 Cellartis® hiPS Beta Cells (from ChiPSC12) Kit 200,000円

 

本製品の価格等の詳細やご購入については、当社営業部 営業企画担当(TEL:077-565-6972)までお問い合わせください。

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 事業管理部
Tel 077-565-6970

<参考資料>

 

【語句説明】

 

iPS細胞

体細胞に、数種類の遺伝子を導入することなどによって分化多能性が誘導された細胞のことです。2006年に京都大学山中伸弥教授らのグループにより、この現象が発見され人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem Cells:iPS細胞)と名付けられました。iPS細胞は、ES細胞とほぼ同等の分化多能性を示すことから、薬剤開発、種々の疾患の病態解明や再生医療への応用が期待されています。

 

膵臓細胞(膵β細胞)

膵臓の膵島細胞に存在する細胞で、血糖値に応じてインスリンを血中に分泌する働きをします。膵β細胞の働きが弱くなり、インスリンの分泌量が減ると、糖尿病につながることが知られています。

 

心筋細胞

心臓を構成する筋肉細胞のことです。iPS細胞由来の心筋細胞は、再生医療への応用や、安全性試験などの創薬研究への利用が期待されています。