タカラバイオ株式会社は、森下竜一教授(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学)およびアンジェス株式会社らのグループが進めるプラスミドDNA製造技術を用いた新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する予防用DNAワクチンの開発(本ワクチン開発)に協力します。

 

 DNAワクチンとは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できる特徴があると言われています。対象とする病原体のたんぱく質をコードする環状DNA(プラスミドDNA)を接種することで、病原体たんぱく質を体内で生産し、病原体に対する免疫を付与します。弱毒化ワクチンなどとは異なり、病原性を全く持たないため、安全であると言われています。

 

 本ワクチン開発は、大阪大学およびアンジェス株式会社が有するDNAプラスミド製品の開発実績をもとに開発されます。プラスミドDNAの製造技術・設備を有する当社は、DNAワクチンの構築・製造を担当する計画です。

 

 なお、本ワクチン開発が、当社2020年3月期連結業績に与える影響は軽微です。

 

 

 

<参考資料>

アンジェス株式会社のニュースリリース

「アンジェス、大阪大学が新型コロナウィルス(COVID-19)に対するDNA ワクチン共同開発に着手」 

 (2020年3月5日付)

この件に関するお問い合わせ先 : タカラバイオ株式会社 広報・IR部
Tel 077-565-6970