地域コミュニティとの交流を通して、地域の発展や活性化への貢献を目指しています。また、教育および学術支援を通じ、ライフサイエンス産業の発展を目指した活動を進めています。

次世代への教育

毎年、近隣大学において、当社の役員・社員が講師となって、遺伝子治療や再生医療などをテーマとし、企業やビジネスの観点から、最近の動向と今後の展望などについて講演しています。また、学生たちのキャリアプラン設計のため、希望する新入社員には、今の仕事内容や入社の動機、仕事への思いなどを出身校で語る機会への参加を支援しています。

さらに、近隣の小学生を対象に、事業内容をわかりやすく紹介する出前授業を行っています。これらの活動は好評で、継続的な実施が望まれています。

地域社会・文化振興への貢献など

地域の清掃活動など地域社会の支援や、大規模災害の被災地域支援への義援金拠出・ボランティア活動などを行っています。

タカラバイオグループ・サステナビリティ・プランにおける目標

取り組みテーマ

具体的施策

目標

子どもたちへの教育

地域小学校等への出前授業の実施

近隣の教育機関を対象とした“出前講義・授業”を実施する。(遺伝子治療や再生医療など講演及びキャリアプラン設計のための活動体験の発表を継続的に実施)

地域社会・文化振興への貢献

地域の清掃活動などへの参加、地域社会への支援

地域で行われている清掃活動へのボランティア参加や地域イベントの協賛などに参加・協力を継続して実施する。

大規模災害への被災支援

被災地域への義援金拠出や給水活動、ボランティア活動

大規模災害など発生した際の給水活動やボランティア派遣など可能な限りの迅速な支援活動を実施する。