すべてのステークホルダーの人権を尊重し、教育・研修をはじめ様々な取り組みを進めています。

「宝グループ 人権方針」

私たち宝グループは、事業活動を通じ、従業員のみならず、取引先、お客様、地域社会など、さまざまなステークホルダーの人権に影響を及ぼす可能性を有していることを認識し、国際連合の「国際人権章典」及び国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」に規定された人権を尊重します。

本方針は宝グループすべての役員・従業員に適用されます。また、ビジネスパートナーに対しても、本方針への支持と遵守を求めます。

 

  • 事業活動を行うあらゆる国において、各国の法令・規制を遵守します。
  • あらゆるステークホルダーの多様性、人格、個性を尊重し、出生、国籍、人種、民族、信条、宗教、性別、年齢、障がいの有無、性的指向、性自認、雇用形態、趣味、学歴などに基づく、非合理なあらゆる差別の一切を認めません。
  • 結社の自由の権利と団体交渉の権利を支持します。違法な児童労働や強制労働は、国内外の労働環境においてこれを認めません。
  • 法令・規制や、本方針を含む社内規程の違反に関する通報窓口を社内および社外第三者機関に設置し、運営します。また、通報等の行為を理由とする通報者の不利益取扱は禁止します。
  • 従業員に対し人権方針を広く周知するとともに、継続した教育・研修を行っていきます。

 

 

人権の尊重

人権・多文化の理解・尊重に関する学習の実施

階層別研修やコンプライアンス研修等で人権や多文化(多国籍文化)に関する理解・尊重を深めるプログラムを組み込み、啓発活動を実施しています。

差別のない採用活動

男女雇用機会均等法を遵守するとともに、人権への配慮を徹底するため、採用に関わる社員にはマニュアルなどによる人権教育・啓発を行っています。

ハラスメント防止への取り組み

セクシュアルハラスメントやパワーハラスメント、妊娠、出産、育児・介護に関するハラスメントの防止に向けて、事業所ごとに相談・苦情の窓口と苦情処理委員会を設置しています。

個人情報・プライバシーの保護

個人情報に関する法律ならびに関係者諸法令等を遵守するとともに、「個人情報保護に関する基本方針」を明らかにし、個人情報の保護に関する社内体制の整備および取り組みを強化しています。

 

 

人権リスク特定に向けた取り組み

人権リスクの特定・評価に向けた体制構築

グループに関わる人権リスクの特定(人権デューデリジェンス)に向けた情報収集を行い、グループが関わるバリューチェーン全体の人権リスクについての調査を実施した上で、グループ全体としての人権リスクを特定し、評価に向けた体制を構築します。
 

 

タカラバイオグループ・サステナビリティ・プランにおける目標

取り組みテーマ 具体的施策 目標
人権の尊重 新入社員研修や階層別研修での人権学習の実施 「宝グループ人権方針」に基づき、多様性(性別、年齢、人権、性的思考、性自認、障がいの有無など)、人格、個性を尊重し、差別やハラスメントのない職場環境の維持を目指す。
多文化(多国籍文化)の理解・尊重
差別のない採用活動
ハラスメント防止への取り組み
個人情報・プライバシーの保護
人権リスク特定に向けた取り組み 人権リスクの特定・評価に向けた体制構築 当社グループのバリューチェーン全体における人権リスクの特定と評価に向けた仕組み(人権デューデリジェンスのプロセス)を2022年度までに構築し、2023年度より人権リスクの特定・評価の取り組みを開始する。